順天堂大学の小論文について

医学部受験ドットコム、歯学部受験ドットコムは
医学部・歯学部 専門予備校のメルリックス学院が提供しています。

医学部受験なら医学部受験ドットコム

小論文 ― 順天堂大学

前のページヘ戻る

年度
試験区分
内容
字数
時間
14
一般
水辺の動物と写真を見て思うことを述べる。
800字
70分
13
一般
丘に佇む2頭の子馬の絵を見て設問に答える。
800字
70分
12
一般
森の小径の幼い兄妹の写真を見て設問に答える。
800字
70分

絵や写真を見て文章を構築する力が求められる

  • 絵・写真型

【傾 向】

 例年、絵あるいは写真が提示される。設問中に絵や写真の説明が入っていることが多い。つまり、一種のリード文(ヒントで有り、論述の前提条件)付きなので、その部分を丁寧に読み、構想にいかし、論述に組み込む。また、絵や写真を見ていない人にも様子がわかるように文章化する。これは一種のインフォームド・コンセントとも言えよう。また、登場人物や動物の背景を考えることは、患者の物語の理解にもつながっており、最近よく見られる「物語」がテーマの小論の先駆となっている。
 ’14は、特に前述の要素が盛り込まれている。設問は『この写真は、写真家HABU氏の「自分の物語」という写真集からの一枚です。「心の秘境」という題がついています。あなたは、この写真を見て、どのように思うか800字以内で述べて下さい』というものであった。写真は縦型で、上3分の1は明るく下の3分の2は暗く合成されたようにも見える。上部には、緑の草原と水辺に来た動物、広い川か湖には動物と青空に浮かんだ白い雲。動物も水辺に写っている。ところが下3分の2は暗い空(あるいは深い水中)と丸い月(あるいは白い太陽)。下が「心の秘境」に相当するのか。「どのように思うか」と言われると、自分の「心の秘境」も試されているようである。(大学によっては、2次試験に心理テストが課されているからである)
 ’13は、題にも設問中にも「2頭の子馬」とある。だいぶ大きさの違う2頭は、もやった草原で右後方を見て佇んでいる。しかし、2頭は、絵の左下に、絵全体の20分の1にも満たない大きさで描かれており、親の姿も仲間の姿もない。この年も解釈はいろいろ出来るだろう。’12は有名な写真家ユージン・スミスの作品である。鬱蒼とした森から兄と妹らしき二人の子供たちが日差しのある場所に抜けようとしている。リード文には、写真家名と、作品名「The Walk To Paradise Garden」が明示され、設問では受験生と同じ性別の方の子供になって、「何を考えこれからどこに行こうとしているのかを述べよ」という指示が出ている。東海大学’14、’13を800字で、あるいは新聞・雑誌の写真とその見出しを参考にして書くなど対策は工夫次第でできる。

前のページヘ戻る

ページトップへ戻る

医学部受験なら医学部受験ドットコム

Copyright melurix-gakuin 医学部 推薦対策
このホームページに掲載されている画像及び文章等、一切の転載を禁止します。